フラワーアイズワンデー ポピーブラウン

このワンデーカラコンを買う

【DIA(レンズ直径)】14.5mm
【BC】8.6
【度数】±0.00、-0.50~-7.00
【価格】10枚入り 1,600円(税別)

ジークです^^

mimmamちゃんイメージモデルのカラコン“Flower Eyes 1day”

今回はポピーブラウンを紹介させて頂きます。

くっきりデカ目になるのに使いやすさもしっかり考慮された、派手に見えてなかなか繊細なデザインのカラコンです☆″

ポピーブラウンのレンズ画像

パッケージの裏/表

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン パッケージ画像(ジーク)

レンズ指乗せ

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン レンズ画像(ジーク)

ポピーブラウンの装着画像

裸眼

裸眼(ジーク)

幅27mm、黒目11.5mm

装着(メイクなし)

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン装着画像(ジーク)

装着(メイクあり)

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン メイクあり装着画像(ジーク)

別角度

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン装着画像(ジーク)

ポピーブラウンの比較画像

片目装着

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン 片目装着画像(ジーク)

両目装着

フラワーアイズワンデー ポピーブラウン 両目装着画像(ジーク)

ポピーブラウンの評価・感想

使ってみた評価

発色 ★★★☆☆
ブラックのくっきり縁にオレンジ寄りのイエローベージュが放射状に入っています。
近くで見ると模様がしっかり見えますが、少し離れるとくっきりとしたキラキラの瞳になりました。

デカ目度 ★★★★☆
着色直径14.0mm。エバーカラーワンデーのナチュラルブラウン(着色直径13.8mm)と同じ位のサイズ感でした。
くっきり縁でデカ目効果はしっかりあるものの、内側の明るめのカラーのお蔭で圧迫感や不自然さは感じられませんでした。

ナチュラル度 ★★★☆☆
しっかり変化はあるものの、着色直径やレンズを見た時の印象の派手なイメージからすれば、思ったよりもナチュラルでした。
カラコン感はあるので勿論かしこまった場にはお薦めしかねますが、カラー自体はナチュラルな範囲なので意外と使いやすいと思いました☆″

透け感 ★☆☆☆☆
白目の透けは全くありません。
レンズ裏の画像を見ればお分かりになるかと思いますが、縁はブラックにベタ塗りのイエローベージュが重ねられて着彩されており、どんな方でも白目は絶対に透けないものと思われます。
透明感やという点では放射状に入ったイエローベージュによってしっかり確保されているので抜群に在ります☆″

メンズ向き ★★★★★
カラコン感のあるデザインOKという方なら男性の方でも使いやすいカラコンだと思います。大きめサイズですがクールな印象になります。
三白眼や小さめの黒目はコンプレックスで、童顔にはなりたくないけれどカッコ良くデカ目になりたいという方にお薦めです☆″

ファッションポイント ★★★★★
カジュアル系ファッション向きです。裏原系・ギャル系・ロック系等の派手目なファッションは勿論、キレカジ系など落ち着いたコーデのアクセントとして使うのも良いかと思います。
ジークは黒髪すっぴんでオレンジのパーカーと黒のストレートパンツ、黒いハイカットスニーカーに合わせました☆″

その他(メイクポイントなど)

黒髪や黒に近いダークカラーの髪色の方はすっぴんでも使いやすいです。髪色明るめの方はアイラインや睫毛を強調するなどして目の周りにブラックを使用するとポピーブラウンが良く馴染みます。

今回はカーキシャドウを使用した奥二重バージョンと、大きめサイズのポピーブラウンに合わせて二重幅を広げた、ブラウンシャドウバージョンの2種類用意してみました☆″

使ってみた感想

フラワーアイズワンデーのポピーブラウンは、カラコン感はあるものの、思ったよりも自然な印象で使いやすかったです。くっきり且つしっかり大きめサイズなのに甘く幼い印象にはならず、クールな印象なのも嬉しいポイントです。

“絶妙なバランスから、吸い込まれそうな立体感を生み出します”という説明の通り、放射状のイエローベージュが圧迫感を軽減してくっきりデカ目サイズでものっぺりとした不自然さとは無縁でで、スッキリとした印象でした。

フラワーアイズワンデーシリーズは、目の乾きにくい低含水仕様です。ドライアイの方でも使いやすいと思われます。また、非イオン性レンズなので汚れにくく、瞳に優しいカラコンです。

フラワーアイズワンデーのポピーブラウンを是非一度お試し下さい☆″

<Flower Eyes 1day(フラワーアイズワンデー)>

このワンデーカラコンを買う

3

このレポを書いたモデル
ジーク
/ Zeke
レポ&プロフィールを見る
※この記事は、高度医療機器販売管理者が監修しております